長崎屋を活用【自身に必要なサービスが存在している】

Menu

衣料品に強いスーパー

女性

総合スーパーとして展開

長崎屋は創業者の先祖が旅籠を営んでおり、その屋号から名づけられとされ1948年に設立されています。その前身はかき氷屋を営んでいたとされ、戦後のモノ不足の時代から豊富な品ぞろえを展開しており、しかも低価格で実現したことが繁盛の礎になります。最初から衣料雑貨品の販売に集中しており総合スーパーとして発展し、多店化を実現しています。ただ衣料品の値入れ率の変更・食品強化の失敗などが響き、度重なる経営再建などの憂き目にも遭遇しております。長崎屋は他の企業による経営再建が行われますが、その度に店舗数が減少しているものの現在でも営業を展開しており他社併設で8店舗、長崎屋単独店で3店舗が存在します。現在の長崎屋の主なサービスとしては、店舗に導入された電子マネーによる取引に対応し、他にもネットなどで発行されるクーポンなどを扱っており、買い物客にお得なサービスとなっています。さらに商品力のあるプライベートブランド、お得に使うことができるクレジットカードの発行も扱っています。また満60歳以上のお客さんを対象とした「お元気の日」が存在し、毎月1・2・3・15・16・17日を該当する日です。該当日にパスポート会員証を提示すると2,000円ごとのお買い物に対して買い物券を進呈され、他にも3,000円以上のお買い物に対しては宅配サービスが無料で使える特典があります。お元気パスポートは満60歳以上の方ならどなたでも入会でき発行できるため、御高齢者にも人気のサービスとなっています。

人気記事

スーパー

商品購入と価格

商品購入時に価格の安さは、最も重要な要素にもなっている。これらの激安に対抗し、安さに加え楽しさを与えることを考慮したものが驚安である。価格の驚きに加え、商品購入のワクワク感を出す言葉として出てきている。

店内

値段は安く種類は豊富です

現在はスーパーやコンビニエンスストアでPB商品を見かけることも多くなり、ラインナップもひじょうに豊富になっています。その理由は製造に関わるコストを抑えて値段を安くでき、しっかりとした管理で品質を維持しているから人気が高いのです。

Copyright© 2018 長崎屋を活用【自身に必要なサービスが存在している】 All Rights Reserved.