長崎屋を活用【自身に必要なサービスが存在している】

Menu

わくわく感を買い物に

カート

安いだけではない

驚安(きょうやす)とは、単なる安さを前面に出す、「激安」とは大きく異なり、消費者がわくわくする楽しいお買い物をお値打ちにするという意味がこめられています。欲しいものを消費者自らが探してお値打ちなお買い物をするのが驚安です。現在、小売市場は飽和状態も言え、市場原理主義が強く働くことがさらに小売業界を押す原因となっています。老舗や大手でも利益を出しにくい状況で、利は元にありという考えは小売の根本ではありながら、安く仕入れるだけでは消費者に益々ペースを与えてしまい、市場原理のベクトルを強くするのみです。欲しいものを安く購入出来れば消費者は満足します。しかし、欲しくないものでも安ければ買うという人も多いです。スーパーではもやしが10円以下、納豆50円以下、玉子100円以下、こんにゃく100円以下とセールの定番です。これらが欲しいのではなく、安いから買うというだけです。この誘導に乗せて来店数を高めれば消費に繋がるという古臭い考えが品質を下げる仕入れに繋がります。驚安を展開するお店で行われているのは、圧倒的な商品量で本当に欲しいものを探せる、満足のゆく買い物を楽しむということです。一般陳列ではなく、棚から壁面、天井にまで伸びる圧縮陳列で、通常の3倍もの商品を販売し、居抜き店舗を交渉しやすく借り上げることでコストを抑え、その分消費者に還元しています。多くの商品の展示は消費者が商品選びをする楽しさを高めます。驚安には多くの商品を扱い、利益を上げて、利益の一部を消費者に還元する販売の工夫がされています。

人気記事

スーパー

商品購入と価格

商品購入時に価格の安さは、最も重要な要素にもなっている。これらの激安に対抗し、安さに加え楽しさを与えることを考慮したものが驚安である。価格の驚きに加え、商品購入のワクワク感を出す言葉として出てきている。

店内

値段は安く種類は豊富です

現在はスーパーやコンビニエンスストアでPB商品を見かけることも多くなり、ラインナップもひじょうに豊富になっています。その理由は製造に関わるコストを抑えて値段を安くでき、しっかりとした管理で品質を維持しているから人気が高いのです。

Copyright© 2018 長崎屋を活用【自身に必要なサービスが存在している】 All Rights Reserved.